ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

髪に良いシャンプー、悪いシャンプーを「成分」で見分ける方法

投稿日:


市販のシャンプーとサロン系シャンプーは何が違うの?

シャンプーを選ぶとき、最も重要なのは成分です。 中でもシャンプーの良し悪しを決めるのが界面活性剤です。 界面活性剤は、洗浄剤であり、どんな成分を使っているかによって、 そのシャンプーの性質がわかるのです。

シャンプーの洗浄成分である界面活性剤が、そのシャンプーの良し悪しを大きく左右します。

市販の商品の特徴は、泡立ちがよくて洗浄力も強く、コンディショニング成分をたっぷり配合しています。指どおりがよくて洗いやすいですが、すすぎが悪いと髪や地肌にシャンプー成分が残り、かゆみや汚れの原因になることも。

市販シャンプーが重視しているのは主に「使い心地の良さ」「イメージの良さ」「低価格」など。
洗浄力が強く汚れがよく落ちる製品を好む消費者が多いためです。

対して美容室専売品は、低刺激の洗浄成分でつくられていることが多く、髪にやさしいけれど、しっかり洗い上げます。

サロン系のシャンプーは美しい髪に導くことを目的としており、洗浄成分は市販品と違って低刺激。
価格は高いですが、成分にこだわって作られています。

髪や頭皮やのトラブルを抱えている方は、一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。

洗浄力が強いだけのシャンプーは、髪や頭皮にダメージを与えてしまっているかも。

髪によいもの、あまりよくないものを覚えておけば、シャンプーを選ぶときに判断する基準となります

「シリコンの有無」よりもこの洗浄成分の方がシャンプー選びにおいては大切です。

現在は含まれるすべての成分を記載するよう義務付けられているので、成分表を見れば何からできているのかがわかります。

成分表は含有量が多い順に記載されています。多くの商品は「水」の次に主要な洗浄成分が表示されています。

× 避けた方がよい洗浄成分「高級アルコール系」

市販シャンプーでは「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄成分をメインに使用されたものが多いです。これは、非常に値段が安いのに泡立ちがいいという特徴があり、台所用洗剤などにも使用されます。

高級と付くから値段が高いとか品質が良いというわけではありません。アルコールの分子に含まれる炭素数が多いものを高級アルコール、少ないものを低級アルコールと呼びます。

まず一番覚えておいて欲しいのが、ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分。石油系合成界面活性剤のひとつで、表示指定成分(※)ですが、まずこの一つを避けるだけでも、約90%の悪いシャンプーを避けることができます。

おもに普通肌・健康毛向きで、油分を取りすぎたり強い洗浄力を補うためにシリコンや油分を多く配合されているものが多い

泡だちがよく、洗浄力が強いので、原価が安く作れるという企業側はメリットが多い成分といえます。しかし、使用者によっては、刺激が強いため、肌トラブルの原因になることもあります。

■注意したい洗浄成分まとめ。
・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
・サリチル酸
・メチルイソチアゾリノン
・ベンジルアルコール
などは洗浄力が強く、頭皮トラブルのもとになる可能性があります。

○ 積極的に選びたい洗浄成分「アミノ酸系」

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分(界面活性剤)にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーのことです。

アミノ酸系の成分を使用しているので、名称の中それを示す「グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン」等の言葉が含まれています。

シャンプーに配合される洗剤の中でももっとも刺激のすくないアミノ酸系の洗剤は髪や頭皮をいたわりながら洗えるのでトラブルが起こりにくいというメリットがあります。

髪の毛の成分であるタンパク質は18種類のアミノ酸で構成されており、アミノ酸を洗浄成分とするシャンプーは同質なため髪が痛みにくいと言われています。

サロンシャンプー(美容室シャンプー)には髪に良い成分が多く配合されており、洗い上がりが良い

サロン系シャンプーは高価ですが、髪に良い成分で作られたものが多いのが特徴です。
(稀にサロン系でも「ラウレス硫酸Na」などが含まれているものもあります)

肌の弱い方、乾燥しやすい髪質や頭皮の方などにオススメで、よく美容院で使われています。洗浄力も強くないので、しっかりした洗い心地が好みの方には向きません。

強い洗浄力を求めるのであれば、あまりお勧めはしません。

ただ気をつけて頂きたいのは、シャンプーの「アミノ酸」という表記には法律上の定義がないということ。
「アミノ酸」表記のシャンプーを購入しても、思ったほどアミノ酸系洗浄成分が含まれていなかったり、石油系洗浄成分が含まれていることもあります。

大切な髪のために、商品のイメージだけではなく、成分をしっかり見て選びたいですね。

■髪や頭皮に優しい洗浄成分まとめ
・メチルアラニン、グルタミン、グリシンなど
・コカミドプロピルベタイン
・パンテノール、パントテン酸
・リンゴ酸
などは髪のためにも積極的に利用したい洗浄成分です。

成分を知ればシャンプー選びが楽しくなる

普段使っているものが高級アルコール系シャンプーで特にトラブルがなければ、そのまま使い続けても良いでしょう。高級アルコール系シャンプーで肌トラブルが起きた場合は、肌に優しいアミノ酸系シャンプーを使ってみましょう。

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.