ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

カサカサ乾燥肌にお悩みのあなた!そのスキンケア…間違ってるかも…!?

投稿日:


カサカサ乾燥肌・・・

“乾燥肌”といえば秋や冬といった、まさにカサカサな気温の低い季節の悩みでした。

しかし、最近では1年を通じて乾燥肌に悩む方も増えていると言います。

顔は体に比べて皮膚が薄く、常に外気に触れているため乾燥しやすい部分とされていますので、きちんとした乾燥肌対策が必要なんです!

乾燥肌だから、じめじめがいいな。

乾燥肌による弊害はあまり知られていないこと!

乾燥は女性にとってとても面倒臭いもの。
しっかりケアをしないとカサカサ粉が拭き、ファンデーションも上手に塗れない状態に・・・

「とりあえずクリームとか塗ってれば大丈夫でしょ」と思って普段のケアに手を抜くと、乾燥の影響でシワの悪化や肌のキメが整わなくなり、改善するのが困難になってしまう場合もあります・・・

乾燥肌用のファンデを使ってもなんか顔の表面がパリパリするので皮膚が干し芋で出来ている可能性アリ

適当なスキンケアでは肌に負担をかけることも・・・

乾燥肌に悩みを持つ方の中には、洗顔方法やそのあとのケアに問題がある場合が多い印象。

洗顔一つをとっても、洗い方、強さ、水温など、さまざまなポイントが乾燥肌と関わってきます。

正しい洗顔のあとに正しいスキンケアをすることで、肌に余計な負担をかけないで済みます!

@gbskyxxknwbspp
うーん、乾燥肌やから保湿には気をつけてるかな

“洗顔はしっかりやっているから大丈夫”と思っていても、洗い過ぎている人もいるかも!?

洗顔で皮脂を落としてサッパリしたくなる気持ちはわかりますが、本来、皮脂は肌に必要なもの。

洗顔は肌の汚れと不要になった皮脂を落とすのが目的ですので、その点を意識しましょう!

水温が低いと洗顔で落としきれなかったメイク残りや皮脂等が毛穴に留まってしまうことがあります。

そして、毛穴の開いた状態がさらなる乾燥を引き起こす、といった悪循環が生まれてしまうのです。

ですので、人肌程度の“ぬるま湯”で洗顔するのがポイントです。

たまに冷タオルなどで毛穴を閉じようと冷やしている人がいますが、火照りの原因になることもありますので注意が必要です。

ドライヤーや着替え、なにかと忙しいお風呂上がりですが、顔を洗ったらすぐにスキンケアを心がけてください。

洗顔後やお風呂の後は、肌の水分が急速にとんでいくと言われているので、乾燥肌の方は注意です。

サッと着替えて、髪はタオルなどでまとめて、すぐにスキンケアに入るのがおすすめです!

洗顔をオイルコントロールのベタつきの少なくなるやつにしてるんだけど、私乾燥肌やねん。チョイス間違えてんな?

乾燥肌には乾燥肌に適した成分を!

冬など空気が乾燥する季節は、いつもと同じ方法で洗顔・スキンケアをしても、肌がつっぱる感じを受けることも・・・

乾燥肌には乾燥肌に適した成分がありますので、“保湿をする”ではなく“乾燥肌を改善する”という意識で対策していくことが大切です!

セラミドは肌へ保湿成分をたっぷりと与えてくれます成分として有名です。

しかしセラミドは外から与えても肌には定着しにくく、自身の肌で作られるということが大切。

セラミドの生成を助けてくれる成分が入った保湿機能の高い化粧水を選び、じっくりと潤いを与えていきましょう。

しっかりと浸透させること!この一言に尽きますが、“浸透”が一番重要なポイントなのです!

セラミド配合というフレーズをよく耳にしますが、前述の通りセラミドは外から入れても定着しにくく、一時的な保湿効果にしかならないと言われています。

なので重要なのはセラミド自体を増やし、そしてそれを留まらせ定着させることです!

保湿型ビタミンC誘導体やアッケシソウエキスなど、セラミドの足場となる細胞を育てるとされている役割を持った美容液を選ぶのも、大きなポイントでしょう。

ポイントは“優しく”洗うこと。

まず適量を顔全体に伸ばして温め、両手で頬を包み込んで優しくなじませましょう。

重要なのは強くこすらないことです。
顔の肌は自分が思う倍くらいデリケートと思うくらいがいいでしょう。

手の平に肌が吸い付いてくるような状態になれば、理想の肌へと期待できるでしょう!

毎年冬になると乾燥で顔がボロボロになるんだけど
今年いつもより早い気がして、、
化粧水を乾燥肌専用のものに変えたら
まだ2日目だけどだいぶいい感じ!
使い続けようかな。
セラミドって大事なんだね、、

意外としらないお肌の注意点!

“摩擦によるダメージ”
摩擦は水分を保持する役割を果たす角質層を物理的に傷つけ、はがしてしまいます。
更に肌が濡れた状態だと、角質層がふやけてはがれやすくなっているため注意が必要です。

“クレンジングの洗浄成分(界面活性剤)によるダメージ”
現在クレンジングといえば、洗い流せるタイプが主流ですが、便利な反面メイクを浮かせるオイル分が水に溶けるようにするため、多くの界面活性剤が使われています。
界面活性剤はメイクや汚れだけではなく、肌の保湿能力の80%を担う角質層の細胞間脂質(セラミドなど)も洗い流してしまうので注意!

部屋の中でも手を抜くな!

顔の乾燥対策のためには、部屋などの空気が乾燥しないように注意することも大切。

しかし、これに関しては簡単にできる対策がいくつもあるので、その対策を習慣付けてしまえば、部屋の中で乾燥肌に悩むことも少なくなるでしょう!

加湿器は部屋の湿度を上げるものなので、湿度が低く空気が乾燥しているときは最適。

最近では、さまざまなタイプの加湿器が販売されているので、インテリアとしても活用できますし、値段もお手頃なものも多いです。

しかし「持ってない・・・」という人も安心!
対策はまだあります!

濡れたタオル・洗濯物などを室内に干すのも効果的!
干すタオルや洗濯物の面積が大きいほど、湿度を上げやすくなります。

また、床が水拭きOKのフローリングであれば、床を水拭きすることで加湿が期待できます。

ホコリが巻き上がることもありませんし、掃除も兼ねてできるのでおすすめの方法です!

入浴後にお風呂場の扉を開けっぱなしにするとお風呂場にたまっていた蒸気が流れて、部屋が加湿されると言われています。

流れた空気が一か所にたまるとカビが生えることがあるので、扇風機などでしっかりと空気が流れるようにしましょう。

注意点が一つ!
いつものクセで換気扇をつけると、それに蒸気が吸い込まれてしまうので、部屋を加湿したい場合は換気扇を切りましょう!

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.