ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

簡単に美肌と美髪になれるまとめ

投稿日:


思春期頃のクレーターが気になって仕方ない時期があり、あれこれ試しましたが結局・・・

メイクがクレーターを目立たせてしまう、テカリが気になる・・・全部解決しましょう!
気付くのが早ければ早いほど美しいお肌を守れます!

若さで乗り切った20代。
忙しくて振り返る余裕さえなかった30代。
そして、ついに迎えた40代。
鏡に映る自分の姿を前に、こう思いました。
「そろそろ本気で、美容液とか使うべきなんだろうか…?」(でも、正直めんどくさい)

そんな、美容に対して幾分ずぼらだった自分が出会ったのが、「お手入れを何もしない」という目からウロコの美容法。

「何もしない」のですが、厳密にいうと朝晩の2回、顔は洗います。
でも、それだけです。

肌に蓄積したシミが・・・は嘘だった!

知り合いに肌がきれいな人が居ますが、日焼け止めすら塗っていませんがシミもしわもありません。食生活が整っており、いつも笑顔で健康的です。
献血するときはいつも血液が綺麗だと褒められるそうです。

中高年になると長年浴び続けた紫外線のせいでシミができるといわれています。 しかし、肌細胞はつねに新陳代謝を繰り返しています。紫外線が蓄積することなどありえません。
【引用:何もつけない美肌術 p35】

何もしない・・・究極の美容法なんです!

様々なメーカーの様々なスキンケア用品を試しましたが、どれも効果がありませんでした。
結局は自然の摂理に従ったシンプルなお手入れ、自分の肌の力を助ける方法が一番なのです。

まず、朝起きて、水で顔を洗います。
両手で水をすくい、顔を手でこすらないよう気をつけながら、水の中でそっと洗います。
そして、タオルを顔にあて、これまたこすらないように、水気を拭き取ります。
その後は、化粧水をはじめとする化粧品の類は一切つけずに、一日を過ごすのです。

この時点で、皆さんは思うかもしれません。
「何それ、それだけ?」「自分には無理だ」、と。

自分もはじめはそう思っていました。でも、「ゆるやかに始められる」というのが、この美容法のいいところ。出かけるときには、お化粧してもいいんです。

ただし、化粧をするときに「化粧水」や「乳液」、「クリーム」、「コンシーラー」、一般的な「ファンデーション」などは使いません。
使うのは化粧下地として「ワセリン」をごく少々、「粉タイプのファンデーション」、最低限の「ポイントメイクアイテム」(アイブロウ、アイシャドウ、リップなど)のみ。

化粧を落とすときは、「クレンジング」や「洗顔フォーム」は使わず、「普通の石けん」を使うか、「水またはぬるめのお湯」でこすらないように洗います。極々シンプルです。

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.