ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

【2017年度版】「赤ら顔」にバイバイ!赤ら顔の原因や解消方法

投稿日:


赤ら顔がコンプレックス…

赤ら顔で悩んでる方って結構多いみたいですね。
私も昔は赤ら顔でよく悩んでいました。

赤ら顔って嫌ぁーねぇー。( *˙-˙* )
暖いとこでも寒いとこでも耳まで赤くなる。
この前、化粧で試しに下地塗ったら全く効果なしやったからな~

肌そんなに白ないから皮膚が薄いってことっすね~

一言で赤ら顔と言っても、暑くもないのに顔が赤くなったり、首から下は白いのに顔だけ赤いなど原因や悩み方は人それぞれ。

まずは自分の赤ら顔の原因をすることが大切。

1-1.赤ら顔とは

赤ら顔は、慢性的な火照り・炎症を起こしている状態をいいます。
主に毛細血管が拡張していて、それが赤みの原因です。

赤ら顔は、自律神経や交感神経が緊張すると、皮膚の下にある毛細血管が拡張して流れが滞り、鬱血することにより起こります。気温の急激な変化に伴い顔がほてって発生する場合も多いため、寒い外から温かな室内に入ったときなど、冬場に悩まされる人も多い症状です。

赤ら顔とは慢性的に顔の火照りや炎症を起こした状態が慢性的に続いて、顔が赤く見えること。
一時的なものは赤ら顔ではなく、単なる火照り。
ただ、単に赤ら顔といっても、原因はさまざま。

1-2.赤ら顔の原因

赤ら顔を大きく分けると血管の影響によって起こるパターンと
皮膚全体が赤くなるパターンの2つ。

もっと細かく分類すると赤ら顔の原因は主に5つ。

まずは自分の赤ら顔の原因を知ろう。

大きく分けて、血管の影響による赤ら顔と
皮膚自体が赤くなる赤ら顔の2種類です。

1. 皮膚の薄さ

2. 気温による毛細血管の拡張

3.ニキビによる炎症

4.皮脂による炎症(脂漏性皮膚炎)

5.アルコールや香辛料などの過剰摂取

2-1.赤ら顔対策

・食事の改善

普段からインスタント食品や、肉ばかり食べている方は注意しましょう。脂が多い食事に偏ると、皮脂の分泌量が増え、胃腸にも負担が掛かります。コラーゲンやビタミンを豊富に摂取できる、野菜や鶏肉中心の食生活に改善することで、皮脂の分泌を抑え、肌の回復を助けることが可能です。

やっぱり何事も食生活が一番大事。

栄養バランスをまず整えることが赤ら顔対策の
第一歩。

私たちの皮膚は外部から刺激を受けると、その刺激から肌を守るために免疫細胞が働き始めます。これは私たちの肌が条件反射的に行う自然な生体反応です。この反応を炎症と呼びます。炎症は言わば肌の内部で火事が起こっているような危険な状況なので、放置していると肌に赤みやかゆみなどの症状が現れてしまいます。

赤ら顔用スキンケア商品はいろんな会社が出しているが、
何も調べずにあれこれ試すのはダメ。

しっかりと下調べをして、
本当に自分に合ったものを使おう。

2-2.赤ら顔対策~これだけはやってはいけない~

日焼け等々の時間が経てば収まる症状をすぐに解決しようとしては絶対に駄目!
やみくもに色々な商品を試してはいけない!

出典http://いつも顔が赤い治し方はコレ.net/

赤ら顔まとめ

赤ら顔の原因は人それぞれなので、
まずは自分の赤ら顔はどのタイプに当てはまるのか
ちゃんと知ることが赤ら顔解消への第一歩。

原因を把握した後、
自分の生活を見直すだけでいいのか、
普段使っている化粧水など変えた方がいいのか、
はたまた病院に行くべきなのか
ちゃんと考える必要性がある。

自分の赤ら顔を知れば知るほど、
赤ら顔解消への近道になるはずです。

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.