ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

大豆イソフラボンを摂っても美容には効果がない!?

投稿日:


イソフラボンとは

イソフラボンは大豆に多くふくまれる成分のひとつですが、構造が女性ホルモンのエストロゲンに似てまして、体内で似た働きをすると考えられております。

エストロゲンとは

エストロゲンは、肌のハリ・ツヤを保ったり、生理周期や自律神経の調子を安定させたりと、女性が女性らしく健康的であるために欠かせないホルモンです。その大切なエストロゲンを食品で手軽に補給できるということで、大豆イソフラボンが人気になったんですね。

そのエストロゲンと似た働きをするのが、大豆イソフラボンから作られる"エクオール"です

イソフラボンをエクオールとして吸収できる人と出来ない人がいる

食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸から吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという成分として吸収される人がいます。この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持つことがわかってきました。

エクオールを作れる人はどのくらいいるの?

エクオールをつくれる人の割合は、いろいろな研究で報告されており、日本人で50%程度、欧米人では20~30%といわれています。

エクオールを作れる人は、若い女性では4人に1人!?

なんと30歳未満では20~30%しかいないという調査結果もあるそうです。

つまり、日本の若い女性のうち、大豆イソフラボンを効果的に利用できるのは4人に1人ということ。

自分はエクオールを作れるかどうか調べる方法

あなたのカラダは、充分にエクオールを作れていますか?

それを検査できるのが
エクオール郵送検査キット「ソイチェック」です。

エクオールが作れない人はどうすれば良いのか

もっとも手軽なのは、エクオールをサプリメントで摂るという方法です。まだあまりメジャーではありませんが、製薬会社などからエクオールのサプリメントが発売されています。

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.