ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

ニキビ跡に負けるな!毎日のスキンケアや生活習慣で強い肌を目指そう!

投稿日:


「大人ニキビ」は厄介者です

「美肌になりたい!」という気持ちは、男女問わずとても多くの人が持っていると思います。

その一番の障害が「ニキビ」!
そしてそのニキビがやっと治ったと思った時にやってくる「ニキビ跡」の不安・・・!

10代の思春期ニキビと違い厄介なのは、原因が人によってバラバラな20代・30代のいわゆる「大人ニキビ」・・・!

ニキビの原因は「毛穴の詰まり」から!?

まずは簡単にニキビについての概要を紹介

簡単に言うと、毛穴の中に皮脂が溜まるのがニキビの始まりです。

よく「肌が脂っぽいからニキビができる」と言いますが、例え皮脂が多くても毛穴の中に溜まらなければニキビはできないのです。

反対に乾燥肌でも、皮脂が毛穴からきちんと出ていかなければニキビができてしまいます・・・

多種多様なニキビの原因

20代からの大人ニキビは、さまざまな原因でできてしまう恐れがあります。

体調・食生活・ストレスなど、いろいろな理由がありますが、どの原因でも皮脂の分泌量が増加につながり、結果的に「毛穴の詰まり」を引き起こしてしまうと言われています。

皮脂は天然の保湿因子なので、ある程度は必要なものというのが憎いところ・・・

ストレス

多くの場合、皮脂分泌が増えるのは「男性ホルモン」の影響と言われていて、ストレスを感じた時に分泌されるホルモンは、抗ストレス作用の他に男性ホルモンの分泌を促す作用もあるそうです。
そのため強いストレスや慢性的なストレスが続くと、皮脂の過剰分泌が起きます。

睡眠不足

睡眠をとらずにいると心身が緊張状態になり、交感神経が優位になります。
交感神経には男性ホルモンの分泌を促す作用もあり、夜更かしは肌荒れの元と言われることも。

バランスの悪い食生活

皮脂分泌には食事の内容も関わっていて、脂質の多いものだけではなく脂質が少なくても皮脂分泌に影響するものがあると言われています。
動物性脂肪・糖質の摂り過ぎは皮脂腺を刺激する作用があるため、摂り過ぎると皮脂分泌を増やしてしまいますし、皮脂分泌をコントロールする働きのあるビタミン類などの不足も皮脂の過剰分泌を起こす場合もあるので、食事にはより一層の注意が必要かも・・・

外からの刺激

ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下により、角質が厚みを増す「過角化」が起き、それがニキビみつながるケースもあります。
肌の外側からの刺激や肌が紫外線に当たると、肌のバリア機能が働いて角質が厚くなり過角化を引き起こすことがあります。

化粧品などの洗い残し

化粧品などが毛穴を詰まらせる直接的な原因にもなります。
リキッドファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品は、毛穴に入り込んで蓄積する可能性があり、クレンジング剤や洗顔料もしっかりと洗い流さなければ意味がありません。

上記の「ニキビができてしまう原因」については「しっかりとした睡眠をとる」だったり「食生活を見直す」だったりとケアや対策が明確です。

しかし問題はできてしまったあとの「ニキビ跡」の対策です・・・!

そもそも一般的に「ニキビ跡はどうしてできてしまうのか?」という部分から解説していきましょう。

ニキビ跡=炎症?

美肌を目指す人にとって、気分まで憂鬱にしかねないニキビ跡ですが「ニキビは治ったのにニキビ跡が消えない」という経験を持つ方も多いと思います。
シンプルに言うと、一般的なニキビ跡の原因はニキビができてしまった時の炎症が関係しています。
その炎症が強ければ強いほど跡になりやすく、色素沈着を起こしたりクレーター化したりと、厄介な存在になってしまいます・・・

どうして「ニキビ跡」ができちゃうの?クレーター編

ニキビが悪化して激しい炎症を起こしてしまうと、皮膚組織を破壊することで炎症の広がりを抑えようとしまてしまいます。
この時に肌内部の真皮部分が傷つけられてしまうと、新しい皮膚を作り出す事が難しくなってしまい、ニキビの炎症を起こした部分はデコボコしたクレーター状態になってしまうのです。
つまり、クレーターになってしまったということは、ニキビ跡の中でも一番酷い状態と言えるでしょう。
ニキビが炎症を起こしている時に、間違った治療や、そのまま放置してしまうことが原因になるケースが多いと言われています。

どうして「ニキビ跡」ができちゃうの?色素沈着編

ニキビには綺麗に治るタイプとそうでないタイプがありますが、それと同様にニキビ跡も数ヶ月程度で消えるタイプ、ずっと残ってしまうタイプががあります。
その主な違いは炎症と炎症の悪化の程度と言われ、炎症が発生していない白いニキビ・黒いニキビの段階で治れば跡は残らないとされています。
炎症が発生してしまうとニキビ跡が残る確率が高くなり。炎症は悪化すれば悪化するほど肌の奥にまで影響を与えるので、ニキビ跡が残りやすくなるというメカニズムになっています。

セルフケアに手を抜くな!

ニキビ・ニキビ跡は「セルフケア」がとても重要。
「ニキビは病気」とよく言われますが、できてしまう度に病院に行くのは金銭的にも時間的にも厳しいものがあります・・・
毎日の食生活や生活リズムの改善、スキンケアの積み重ねで、ニキビ・ニキビ跡ができにくい肌にしていくの理想です。

ニキビに強い肌を目指そう!

日々のスキンケアは肌に触れ、直接的に労われる大事な時間です。

特にメイクを日常的にする女性はスキンケアに割く時間も多いと思います。

適切な洗顔方法や十分な保湿、ニキビケアで注目されている成分を意識してアイテムを選ぶなど、さまざまなアプローチでニキビに強い肌を目指しましょう。

洗顔

洗顔は誰にでもできる一番簡単なスキンケアです。
洗顔は過剰に分泌されている皮脂を洗い流して、毛穴を塞いでいる角質が増殖するのを防ぐために必要になってきますが、ゴシゴシと強くこすったりすると肌に刺激を与えてしまう原因になるケースもあるので注意が必要です。
優しく洗い流すことを意識しましょう。

話題の「ソフトピーリング」!

「ソフトピーリング」とは、美容外科などで使われる強い薬剤で皮膚の表面を溶かして剥がすことにより、強制的に肌の新陳代謝を行う方法とは違い、とり優しい穏やかな製剤を使用するピーリング法。

皮膚表面の角質層を柔軟化し、肌の生まれ変わりを促して、肌の生まれ変わりを促して、デコボコや色素沈着に働きかけます。

美容成分の吸収をしやすくしたりするなど、新しい効果的な美容方法と言われています。

要チェックの話題の成分!

■「モンモリロナイト」
モンモリロナイト」は、ベントナイトと呼ばれる鉱物を高純度で精製して取り出された超微粒子の粘土(クレイ)のことです。
毛穴の奥深くまで入り込み、磁石のように皮脂汚れやニキビ菌などを吸い寄せる吸着力があるとされていて、肌をこすることなく汚れを落とすことができるので敏感肌向けの成分。

■「グリチルリチン酸ジカリウム」
生薬として用いられている薬用成分のグリチルリチン酸ジカリウムは炎症に効果があるとされていて、ニキビの発生抑制の手助けをしてくれます。

■「アスコルビン酸」
皮脂の分泌を自然に抑える作用によって、ニキビをできにくくする効果があります。
美白効果でニキビ跡の赤い色素沈着を改善を促すと言われている女性にも話題のビタミンです。

睡眠不足の肌はニキビの大好物!?

眠りに落ちた直後の3時間は成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが活発になると言われています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、夜間になると副交感神経が優位になって体が眠る準備に入り、リラックスした状態になります。

ポイントとしては肌のターンオーバーを促進するため、最初の3時間に深く質のいい睡眠を得られるよう心がけましょう。

体を完全に休めたいという面では、もう少し睡眠をとるべきだろうが...
まあ、働いてる人とかはわかると思う、睡眠時間より普段起きる時間に起きちゃう

食生活の改善

肌がターンオーバーするには、バランスのいい食事を心がけることが大事。
タンパク質を十分に摂取する・脂質が不足しないようにする・新陳代謝に深く関わるビタミン類などのミネラルが不足しないようにする・アルコールや加工食品などの体内のビタミンやミネラルを消費させる食べ物をなるべく避けるなどなど・・・
食生活の改善を意識するだけで、肌の改善にもつながるとされています。

寝不足及びチョコレートの食べ過ぎにより肌と顔色がヤバイ。ついでに髪もヤバイ。バランスのとれた食事と十分な睡眠は大事ですな…

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.