ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

【ソフトピーリング】色素沈着を起こす前に知っておきたいこと【ターンオーバー】

投稿日:


■年と共に増える肌の悩み

肌は衰えていくもの

肌の悩みとして一番多いとされているのが、シミやニキビ痕などの色素沈着の悩み。
年と共に色々な面で肌が衰えていくのは一般的に広く知られていますが、色素沈着を起こしてしまい色が変わってしまった箇所についても、なかなか治りにくいなっていくと言われています。

──色素沈着とは?

色素沈着とはメラノサイト(メラニン細胞)で作られたメラニン色素が増加して、肌の内部にとどまること。
一般的に先天性のものと後天性のものがあるとされています。

──先天性の色素沈着

母斑(ぼはん)や、そばかすなどの生まれつきの色素沈着を指します。

──後天性の色素沈着

肝斑(かんぱん)や老人性色素斑など、ホルモンバランスなどの原因でできる色素沈着やニキビ跡、シミや摩擦など、刺激を受け炎症が起きたあとにできる色素沈着を指します。

■肌の悩みは人それぞれ

肌はデリケートな器官

肌はとてもデリケートな器官であり、さまざまなトラブルが原因となって色素沈着が起きます。
一度色素新着を起こしてしてしまうとなかなか治りにくく、マスクで隠したり濃いメイクでごまかそうとしてしまう方が多いものです。

これはやけそうな予感
あーシミとか嫌なんですけど

シミと変わんねえのかなあ まぶたに黒いシミあるのすごい嫌すぎるでしょ色素沈着怖すぎほんと嫌だ…

■色素沈着が起きてしまう原因を知ろう

大きく分けて原因は四種類

そもそもなぜ肌が色素沈着を起こしてしまうのか?
その原因を知れば、対策や予防に役立てることができます。

──紫外線による色素沈着

紫外線を大量に浴びてしまうと、メラニンというシミの元となるものが大量に作られてしまい、茶色いシミになってしまいます。
シミは色素沈着の代表的なもので、紫外線を浴びるということは日常生活の中では避けて通れない部分でもあるので、多くの方が悩みを抱える色素沈着の種類でもあります。

──ニキビによる色素沈着

ニキビができてしまい肌が炎症を起こすと、肌細胞を傷つける活性酸素を発生させます。
この有害な活性酸素から肌を守ろうとして、生理的に肌がメラニン色素を過剰に作り出します。
このメラニン色素による色素沈着が起こるのですが、ニキビの炎症部分の肌はターンオーバーが正常に働かないため、メラニン色素が外に排出されずに色素沈着残ってしまいます。

──刺激や摩擦による色素沈着

外部からの強い刺激や摩擦を受け続けていると、肌表面に存在しているバリア機能が破壊されてしまい、弱くなった肌を守ろうとメラニンが過剰に生成され、色素沈着を起こしてしまいます。
例としては、洗顔する時に肌を強くこすったり、水を拭き取る時にタオルで肌をこすってしまったりの積み重ねで、色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

──アトピーによる色素沈着

アトピー性皮膚炎に悩まされている方は多いと聞きますが、アトピーによる色素沈着については、炎症跡が原因と言われています。
アトピーの肌は敏感肌で乾燥していて、皮膚のバリア機能が弱く肌の免疫力も弱いため、外部の刺激などから肌を守ろうとメラニンを生成しやすいという特徴があります。
このメラニン色素が過剰に生成されてしまうことが、色素沈着の原因とされています。。

■改善・対策・予防を知る

新陳代謝を正常にする

本来、色素沈着のもとであるメラニンは、肌のターンオーバーが正常に働いていると、自然と外へ排出されるため、色素沈着が残ることはありません。
しかし、肌のターンオーバーが遅れるとメラニン色素が皮膚に残ってしまい、色素沈着を起こしてしまう原因になってしまうのです。
これを治すためには、肌の新陳代謝を上げてターンオーバーを正常に戻すのが効果的です。

──肌のターンオーバーは28日周期

基本的に肌の表皮は基底層、有棘層、顆粒層、角質層の四層からなります。
基底層で生まれた細胞が角質層までいくのに二週間、角質層が垢となってはがれ落ちるまでが二週間、合計四週間で新しい肌に生まれ変わるとされています。
このターンオーバーは年と共にだんだん間隔が開いてきてしまうので、古い角質がいつまでもはがれ落ちずに残った状態になってしまい、色素沈着の原因となる場合があります。

──睡眠・食事・ストレスに気を付ける

ターンオーバーを正常に戻すことで、色素沈着の予防につながると言われています。
そのためには質の良い睡眠やバランスのいい食生活、そしてストレスをためないことが大切です。

30代~40代以上の方は、年齢とともに肌のターンオーバーが遅くなるため、皮膚の角質が毛穴に詰まるという、パターンが多い

スキンケアで改善につなげよう

ターンオーバーが遅れていると感じたら、古い角質を取ってあげるのも非常に効果的です。
予防や対策にもなりますが、改善にもつながる方法です。
エステやレーザー治療に抵抗がある方は、ソフトピーリング作用のある化粧品などを使えば、自分でも簡単にスキンケアが行えます。

──ソフトピーリング作用のある化粧品を使う

ピーリングとは、酸性の薬剤などを使い肌表面に溜まってしまった古い角質を溶かして、肌のターンオーバーを正常化させることを言います。
今では市販でも手に入りやすくなっているピーリング剤。
シミなどに効果の高いハイドロキノンが含まれているものや、肌負担が少ないものを選ぶといいでしょう。

──ビタミン不足に注意

ビタミンCなどのビタミン群も、肌には効果的であるとされています。
紫外線によるメラニン生成を抑えたり、沈着したメラニンへの効果、肌トラブルの原因の一つである活性酸素を除去、コラーゲン生成をサポートする効果などがあると言われています。
ターンオーバーは年齢と共に周期が遅くなってくるものなので、何らかのケアで促進させてあげなければなりません。

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.