ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

【決着?!】ドライヤー派 vs 自然乾燥派!正しい髪の毛の乾かし方は?

投稿日:


◇ドライヤーってやっぱりめんどくさい!!

お風呂上がりにボーッとしたかったり、朝の忙しい時間にドライヤーなんてめんどくさい!
なんて思っている方も多いかと思います◎

担当の美容師さんにもよく「ちゃんと乾かしてくださいねー。」なんて言われちゃったりしますが「ドライヤーは痛む!」なんて事も耳にします。

いったいどうしたら良いのでしょう?

◇使わないで過ごすとどーなる?

まず、ドライヤーを使わないで乾かす事を「自然乾燥」といいます。ドライヤーを使って乾かすと熱によるダメージがありますが、自然乾燥だと熱によるダメージと乾かしすぎによる乾燥を防げます◎

ただ、自然乾燥させることによりキューティクルが開きっぱなしになり、パサパサの髪になりやすいというデメリットもあります。

つまり乾かさず濡れた状態の髪の毛は傷みやすい状態といえますね。
濡れた状態でのブラッシングなどは髪を傷つけてしまう原因になりますので厳禁です!

ただ、自然乾燥だとドライヤーの熱による頭皮や髪の毛のダメージは防げるのでパーマ、カラーの維持には繋がります◎

◇【注意!】濡れたまま寝てしまうと?!

先ほどでも書いた通り、濡れた状態の髪の毛傷みやすく非常にデリケートな状態です!濡れたまま寝てしまうと枕と擦れ傷みやすくなりパサつきの原因になります。

それだけではありません!
濡れた状態が長く続くと、頭皮が当然蒸れた状態が続くので、頭皮に存在している常存菌が繁殖しやすく、枕や頭が臭くなりやすいです!
頭皮のかゆみや吹き出物の原因にもなります!

寝る前などは十分にタオルドライした後、ドライヤーで乾かした方が絶対にいいですね◎

◇美容師さんに聞いた!正しく乾かし方★

ドライヤーを使って乾かすと開いていたキューティクルが閉じて髪の毛の内部に適度な水分を閉じ込めます◎

まずはしっかりタオルドライをして、トリートメントオイルなどで毛先を保護してあげるとキューティクルが開きっぱなしで髪が傷むのを防げます☆

熱によるダメージが気になる方は洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)などをドライヤーの前に付けてあげると髪の毛を熱から守ってくれます♪

スタイリング時など、ドライヤーを使って乾かす時は近づけすぎず適度に離して使うようにしましょう◎

◇正しく使い分けるのがポイント★

「自然乾燥が良い!」「ドライヤーを使わないといけない!」なんて事は無いと思います。

ちゃんとメリット・デメリットを把握して使い分けるのが綺麗な髪を保つ秘訣になります◎

日々のスタイリングの時なども、「ボリュームを出したい!」や、逆に「ボリュームを抑えたい!」、「パーマ・クセをいかしたい!」などちゃんとメリット・デメリットを把握して乾かし方はドライヤー、自然乾燥を上手く使い分けていけるといいですね◎

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.