ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

スキンケア 最新情報

☆エイジングケアにおいて重要! 年齢肌を防止するための洗顔

投稿日:2018年6月6日 更新日:


エイジングケアにこだわったスキンケアコスメをつかっているのに・・・

エイジングケアを考える上でスキンケアコスメの選び方は重要です。ですが、スキンケアの前準備としての洗顔もきちんと行わなければいけません。

エイジングケアのスタートは洗顔から。肌にやさしい洗顔を心がけて、しっとり素肌を保ちましょう。

化粧水やクリーム、美容液に強いこだわりを持っているというみなさん、洗顔は意識していますか?50代にとって洗顔はとても重要です。基本である洗顔が正しくないと、毛穴の汚れや余分な皮脂が原因となり、お肌トラブルを招いてしまうこともあります。

洗顔の重要性とは

「洗顔は美肌づくりの要」と言われています。
それいゆえ、手を抜いてしまうと肌トラブルを招いてしまう恐れもあるのです。

そもそも肌は、体の水分を肌まで引き上げて水分を巡らせる化粧水的な役割、皮脂によって乳液やクリームのようなバリア機能が作られます。肌が唯一できないこと、それは汚れを落とすこと、つまり洗顔なのです。

洗顔は1日2回、1年で730回もするものだからこそ、毎回毎回意識して行いたいもの。「落とせればいい」ではなく、「どんな肌になりたいか?」ということまで考えて洗顔料を選べば、あとあと肌にとってお買い得な結果に。さあ、早速洗顔料の見直しを!

毎日の洗顔が美肌を作る

朝と夜の洗顔

朝は基本は素洗いで済ませられることが理想。ただし、夜に使用したスキンケアコスメが朝になるとベタつく場合もあります。その際は洗顔料を使うようにしましょう。

40代~50代のお肌は洗いすぎると乾燥を招き、老化を進行させてしまう場合がありますので基本的には素洗いで済ませられることが理想です。

朝の洗顔は、その日のお肌の状態で判断していただくことをおすすめいたします。「今朝はあまり皮脂がでていないな」という日は素洗い、体調の変化や代謝のタイミングで皮脂が浮いてきている場合は洗顔石鹸を使うようにすると良いでしょう。

夜は一日の肌の汚れを落とすことです。キメの細かい泡で、優しく汚れをおとしましょう。

洗顔のポイントは「泡のクッション」。手が肌にふれないくらいしっかりとした弾力のある泡を立てます。それを肌の上で転がすようなイメージで洗うことで、肌に摩擦を与えないように洗い上げます。

Tゾーンは最も陽に当たりやすい部分のため、バリア機能が活発に働きます。その分、皮脂の分泌も多くなるため重点的に洗うことが重要です。力を入れるという意味ではなく、くるくると円を描くように軽いタッチで念入りに洗っていき、Uゾーンへと移動していきます。あご周りはTゾーンの次に皮脂が多いので、たっぷりの泡を使ってしっかり汚れを落としていきます。最後に頬です。頬は皮脂が最も少ない部分ですので、強く洗いすぎると乾燥の原因となります。撫でるように優しく洗うようにしましょう。

毛穴をきれいに保つこと

毛穴の黒ずみは目立つだけでなく、肌トラブルの原因になります。

毛穴の黒ずみとは、主にクレンジングや洗顔不足、過剰な皮脂が原因で起こる肌トラブルのことをいいます。毛穴に詰まった角栓が、肌の上で汚れと混ざって空気に触れると過酸化脂質が発生し、肌の酸化(肌のサビ)が起こります。結果、ブツブツと黒く目立った「黒ずみ毛穴」になるのです。

洗顔の回数は基本、朝晩2回。毛穴の黒ずみが気になるからと洗顔をやりすぎると肌へ負担になります。肌のバリア機能が低下し、潤いが不足すると皮脂が潤いを取り戻そうと必要以上に皮脂腺が活発になるため、余分な皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

毛穴スッキリ! 正しい洗顔方法とは?

洗顔の見直しを!

以上が、エイジングケアにおける洗顔の重要性についてでした。
これを機に、これまでの洗顔を一度見直してみるのもいいかもしれません。

-スキンケア, 最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.