ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

ヘアケア 最新情報

☆<保存版>今使っているシャンプー本当に安全?正しいシャンプーの選び方

投稿日:


シャンプージプシーから脱却したいなぁ。これだっていうシャンプーに出会いたいなぁ。なんて人多いと思います。私もその1人。色々な商品が出ているけど実際よくわからない。何が良くて何が悪いのか、調べてみました。

ノンシリコンだから優しいは勘違い?

よく見かけるノンシリコンシャンプー。ノンシリコンだと敏感肌にも優しいのかな?何が良いのか分からないけどノンシリコンシャンプーにしとこ。そう思っていませんか?

ノンシリコン=髪にいい、ではなくてただ単に「シリコンが入っていない」という意味です。

ノンシリコン=髪に良い、と思っている人も多く、素材がいいとかオーガニックだとか勘違いされやすい。無添加とノンシリコンは違うもの。

シャンプーに入っているシリコンの役割

キューティクルを保護してサラサラの仕上がりにしたり、一時的に傷みを補修したりという役割があり、決して『無用なもの』ではありません。

いつの間にか「シリコン=悪者」というイメージが定着してしまった。シリコンが頭皮の毛穴を塞ぐという説は、科学的根拠不足で不確か。

シリコン入とノンシリコンの見分け方

ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランのどれか一つでも入っていたらシリコン入りシャンプー

ノンシリコンでもシリコンの代わりとして
『ジステアリルジモニウムクロリド』『ステアラミドエチルアミン』
などが入っている商品もある。

実際どっちのシャンプーにすればいいの?

シリコンが入っていないため、髪の毛がコーティングされずふんわりとした仕上がりに。
髪の毛が細い人やボリュームが欲しい人におすすめ

シリコンが髪の毛をコーティングするので、しっとりとまとまりのある仕上がりに。
毛量が多い人やパサツキが気になる人はこちらがおすすめ。

実はシリコンとノンシリコン、「自分の髪質、好みに応じてチョイス」が正解

無添加シャンプーって何が無添加なの?

凄い頻度で見かける”無添加”の文字。無添加だと体に良さそう自然に良さそうめっちゃオーガニック。的なイメージを持ちますが、実際は全然違うもの。

無添加シャンプーとは、「表示指定成分が入っていないシャンプー」のこと。

※注:2001年の薬事法改正により、化粧品は全成分を表示することになり、表示指定成分はもちろん、それ以外の成分も記載されるようになっています。

表示指定成分とは、昭和40年代に厚生省(現在は厚生労働省)が指定した約100種類の成分のことを指します

いつの間にか「表示指定成分を含まない製品=安全な製品」という認識に置き換わってしまったと考えられます。

「無添加」と表示する規定はなく、何が無添加なのかは製品ごとに異なります。

パラベンフリーのパラベンってなに?

パラベンフリーもよく見かけます。けど、パラベンって一体何者なのでしょうか。

パラベンが嫌われている理由は表示指定成分だったから。

現在では表示指定成分というルール自体がなくなっています。そのためパラベンが表示指定成分だったのは1980年~2001年までの22年間のみ。

パラベンは、正式名称を「パラオキシ安息香酸エステル」といい、化粧品や食品、医薬品などに防腐剤として使用されています

抗菌性が高く、広い範囲の微生物に対して効果があります。毒性が比較的低く、皮膚刺激や過敏症なども少ないというのが特徴

時折“パラペンフリー&100%天然由来”という謳い文句で売られている化粧品を目にしますが、天然由来なら全てが安全というのは大いなる誤解!

一部の化粧品メーカーが、パラベンが表示指定成分だった過去を利用して“ウチの製品はパラベン使ってないですよ”というキャッチコピーを多用したせいで“パラベン=危ない?”という誤解がすっかり広まってしまったのだとか。

天然由来の防腐剤として使われている『フェノキシエタノール』。防腐効果が劣るため、パラベンと同じだけの効果を発揮するために約3倍の量を使用。

-ヘアケア, 最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.