ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

☆湿気で髪が広がる!まとまらない・対策まとめ♪

投稿日:2017年5月26日 更新日:


◎あなたの髪は大丈夫?

雨の日の髪が言う事を聞いてくれなくて!

まとめるしかない?

待って、まだ諦めないで。

原因を知ってケアすれば良い状態を保てます。

梅雨の時期の髪のうねり、広がりの原因は?

湿度が高く、ヘアスタイルが決まりにくい梅雨の時期。
なかなかまとまらず、うねりがひどくなったり、広がってボリュームが出過ぎてしまったり、朝のスタイリングに苦労している方も多いのでは?

湿気が高いと、なぜ髪の状態が変わってしまうのでしょう?

毛髪は、髪表面を覆う「キューティクル」と、髪内部の水分を保持する「コルテックス」、髪の芯の部分である「メデュラ」の 3 つでできています。

正常な髪はキューティクルが毛髪をきれいに覆っていて、内部の水分が適度に保たれますが、
ダメージによりキューティクルが乱れていると、キューティクルの隙間から湿気が浸入し、髪内部が「水分過多」の状態となってしまいます。

そうなると、髪のダメージがある部分に集中して水分が吸収されることで、うねりやすくまとまりにくい状態になってしまいます。

◎こんなスタイリングだと、うねりがうまく直せない!

1、水分はしっかり乾かして。

髪のうねりは、雨の日の湿気によって、髪内部の水分が増えるために起こります。
ブローの時にはドライヤーの熱をしっかりあてて充分に乾かしましょう。

洗い流さないトリートメントやオイルなどで

髪を保護してから熱を当てましょう!

2、まっすぐ状態をキープして

髪の形がキマるのは、実は、髪が乾ききる瞬間。
ドライヤーの熱をあてながら、ブラシで髪をひっぱるようにまっすぐのばしてブローすると、
きれいに仕上がります。ブラシブローが苦手な人は、くるくるドライヤーでもOK!

3、根元からブロー、が大切。

毛流れを左右しているのは「根元」の部分。
だから、根元からのばすことが大切です。ブラシを根元にグッと入れて、ひっぱりながら、ブローしましょう。

※UVケアも大事です。

髪も日焼けしてます、ダメージを受けるので帽子を被る、日傘をさすなど
対策しましょう。

◎ヘアケア商品にも気を配りたい

ネットで話題のじめじめ対策グッズはこちら↓

 

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.