ニキビ・脱毛・二重瞼などの美容のお悩みからメイク・ネイル・ファッションまできれいになるための情報満載です!

美容とおしゃれで女子力アップ

最新情報

必要なのはハサミだけ♡簡単!おしゃれなダメージデニムの作り方

投稿日:


▼自作ダメージデニム作りにチャレンジしてみよう!

既に持っているデニムや、プチプラのデニムを使って自分だけのおしゃれなダメージデニムを作ってみませんか?

はさみだけで作れるダメージや、こなれ感をアップさせる本格的なダメージまで、様々な方法をご紹介します。

ひと手間加えるだけで、より素敵なファッションアイテムに…♡

▼ダメージデニム作りに必要な道具

[必須]
・はさみ or カッター

[なくても可]
・段ボールなどの厚紙
・おろし金
・サンドペーパー
・ピンセット
・かみそり

100円SHOPなどでも簡単に揃えられるアイテムばかりです。
やりたいダメージによって必要な道具が変わってきますので、何が必要かはダメージの種類や作り方などを見て揃えてみてくださいね♪

▼◆道具によって変わるダメージの種類

(右上)おろし金
(左上)ピンセット・毛抜き
(右下)ハサミ
(左下)サンドペーパー

▼ダメージデニムの作り方

今すぐチャレンジできるはさみだけを使ったカスタマイズです。

ダメージを付けたい部分を決めたら、はさみで横にカットします。
あとは縦糸(ブルーの糸)を取り除けば完成です。

サンドペーパーを使って履きならしたような色落ちを再現。
デニムの中央ラインを色落ちさせると、美脚効果もありそう♪

カッターでダメージを入れたい部分に、横にカット。(後ろの布地もカットしてしまわないように、段ボールなどの厚紙を下に入れると安心です。)
ピンセットで丁寧に縦糸(ブルーの糸)を取り除くと、白い横糸が綺麗に出てきます。

あとはこれを繰り返していくだけ♪

着る前に一度履いてみて、ひざの部分やカットしたい部分にマーキング。
カッターでマーキング部分をカット。
かみそりはポケットや裾部分に使うことで、自然なダメージを作れます。

▼動画でダメージデニムの作り方をチェック!

出典
Vimeo

とても綺麗な画質でわかりやすい動画です。
カッターでダメージにしたい部分をカットして洗濯をするだけのシンプルな方法です。
(英語)

ポケットなどの細かい部分のダメージの付け方がよくわかる動画です。
特にピンセットで縦糸を抜く方法がわかりやすいので、いまいちやり方がわからないという方は一度見てみてくださいね♪
(英語)

▼アイテム別ダメージデニムの作り方

おろし金・カッター・ピンセットなどを使って。
スカートもちょっぴりダメージを入れることで、カジュアル度アップ!

ダメージを入れるだけで、こなれ感アップ!
高級セレクトショップに売っていそうな素敵な仕上がりに。
ポケットの裏地が見えるくらい大胆にダメージを入れるのがポイント。

▼ダメージデニムのアレンジ例

おろし金のみでカスタマイズしたダメージデニム。
控えめなダメージで、キレイめな大人カジュアルにぴったり♪

今期トレンドのニークラッシュも自作で♡
こちらはハサミとピンセットを使って作ったもの。

自分の膝部分に合わせてカットできるので、身長を気にして既製品を購入できなかった方も自分で作って履けちゃいます。

こちらもトレンドのホワイトデニム。
トレンドが故にコーディネートが人とかぶってしまうことも多いですよね。
自分だけのアレンジを加えて、周りと差をつけちゃいましょう♪

裏にレース生地を縫いつけて、ちょっぴりガーリーテイストをプラス。
これぞ自作の醍醐味という感じ♪

後ろポケットまでぬかりなく♡
ちらりと覗くホワイトレースがちょっぴりセクシー。

目を惹くハート柄のダメージ。
ちょっぴり手間はかかりますが、とても可愛らしいアクセントになります♡

お好みの生地やスカーフを縫いつけて、とってもクールなデニムに♪

▼意外と簡単!自分だけのダメージデニムを早速作ろう♡

とっても難しそうなダメージデニムですが、知ってみると意外と簡単ですよね♪

履かなくなったデニムを使ったり、プチプラのデニムに手を加えれば、とにかく安く・そしてオシャレにダメージデニムを楽しむことができます。

ぜひ、自分だけのお気に入りダメージデニムを作ってみてくださいね♡

【関連まとめ】

-最新情報

Copyright© 美容とおしゃれで女子力アップ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.